復刻されたオデルのガスステーション Standard Oil Gas Station

スタンダードオイル・ガスステーション Standard Oil Gas Station

odell_03

スタンダードオイル・ガスステーションは、イリノイ州ルート66のシカゴ寄りの区間、ポンティアック(Pontiac)からウィルミントン(Wilmington)途中の小さな村、オデルにあります。ビジターセンターとお土産屋、小さなガレージミュージアムを併設しているガスステーションです。青い屋根に白い壁を基調としたデザインは、国家歴史登録財(National Register of Historic Places)にも指定されています。

odell_02

このガスステーションが最初に建造されたのは1932年、ルート66開通から6年後にPatrick O’Donnellさんによって開業されました。この建物のデザインは、1916年につくられたスタンダードオイルのガスステーションモデルだそうです。1957年にBob Closeさんが買い取り、Sinclairブランドで1960年代までガソリンを販売、その後1970年代まで自動車修理店として営業を続けましたが、廃業後の建物は荒廃していました。

odell_06

ガスステーションで販売されているエコバックのプリントでは、荒廃した建物の様子を見て知ることができます。

odell_07

そんな中1996年から保存運動が起き、2002年には完全に復刻されてビジターセンター兼お土産店も開業しました。復刻にあたっては1939年に撮影された写真一枚から始められたそうです。1999年には建物の所有者もオデルの村になりました。ルート66マガジンの2011年春号には荒廃した建物が修繕されて現在の姿になるまでの復刻活動の様子が掲載されています。

odell_101

隣のガレージは修理店として営業していた当時をおもわせるような再現がされています。今でも使えそうなガレージそのものです。お土産コーナーではエコバックなど、オデルガスステーションのオリジナルグッズが販売されています。

odell_04

オデルのルート66沿いには、他にもいくつものルート66当時を伝えるかつてはガスステーションだったと見られる建物があります。廃墟となっている建物のほか、ダウンタウンにはいくつかの保存されている建物があります。立ち寄れませんでしたが、ルート66を横断する地下道の跡もこの村にはあります。

スタンダードオイル・ガスステーション(ナショナル・パーク・サービス): Standard Oil Gas Station
イリノイルート66の地下道の紹介ページ: Odell Subway Tunnel

オデルへの行きかた

odell_05

オデルへの最寄りの出口はインターステートI-55のEXIT209になりますが、西のポンティアック、東のドワイトどちらからもルート66を通っても10マイル前後と近い距離にあります。ガスステーションの営業時間は11時から15時と短く、冬季(10月中旬から4月中旬まで)は休業しています。

スタンダードオイル・ガスステーションの住所: O’Dell Road Odell, IL

EZ66 GUIDE掲載ページ: IL page-10

広告
カテゴリー: イリノイ州 タグ: , , , , , パーマリンク

復刻されたオデルのガスステーション Standard Oil Gas Station への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルート66博物館とアートの町 ポンティアックその1 Pontiac, IL | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中