イリノイ州南部I-55沿いの町 リビングストンからマウント・オリーブ Mt. Olive to Livingstone, IL

pink_antique00
ルート66を東向きに進んできた場合、ミズーリ州からイリノイ州に入ると、ルート66は緑の木立を駆け抜け、小さな町を次々とつなぐ、都会の道になります。スタントン(Staunton)の町で1930年までルート66として使われていたイリノイ州4号線ルートと、その後現在ではI-55となっているルートの二手に分かれます。地元の方もガイドブックでもお薦めはイリノイ州4号線のルートであり、そちらも通ってきましたが立ち寄ったI-55沿いのいくつかのアトラクションを紹介します。

Pink Elephant Antique Mall

pink_antique03

リビングストン(Livingstone)は1905年に開かれた、イリノイ州の小さな町です。1940年にルート66がこの町を通るようになって多少のサービス業の発展があったようですが、街中は通らずかすっただけだったこともあったのか、人口は現在でも800人余りとなっています。

この小さな町にあるアトラクションが、ルート66とは大して関連のない「Pink Elephant Antique Mall」です。名前の通りアンティークショップですが、学校だったような建物の中は、アンティークショップとしてはたいへん大きなスペースを持っています。ルート66最大級ではないでしょうか。

pink_antique01

アメリカのアンティークショップは「がらくた?」という品揃えの店が多数ありますが、この店も多分に漏れずのラインナップです。スペースが広く、かなり大きな商品も陳列されています。ここをアトラクションとして有名にしているのは、脈略もなく置かれている巨大なオブジェたちです。正面はアイスクリーム屋「Twistee Treat]」です。ここのアイスは人気で、訪れたときは暑かったこともあり、みなさん食べていました。

pink_antique02

全米各地にある広告塔、「マフラーマン」です。ここのマフラーマンは見ての通りの「ハーレー・ダビットソン」バージョンです。イリノイ州のルート66沿いにはいくつものマフラーマンがあり、それぞれいろいろなものを抱えて、コスチュームも様々です。「何とかジャイアント」と呼ばれているものもあります。各地のマフラーマンは順次紹介していきます。

Pink Elephant Antique Mallへの行きかた

西向き、東向きどちらでもインターステートI-55のEXIT37で出ます。東向きにセントルイス方面から来た方はEXIT37を出る前に通り過ぎているので戻る形になります。西側の側道を進むと建物が見えてきます。もし1930年までのルート66、イリノイ州4号線を通ってきたときはStauntonの南、Livingston Drを東に進むとたどり着きます。

Pink Elephantの住所: 908 Veterans Memorial Dr Livingston, IL 62088
Pink Elephant Antique Mall: RoadsideAmerica.comのページ

Soulsby Service Station

mt_olive02

リビングストンとこのあたりのルート66沿いの中心地リッチフィールド(Litchfield)の間にある小さな町、マウントオリーブには歴史あるガスステーション「Soulsby Service Station」が保存されています。

1926年にHenry Soulsbyさんによって開業されたこのガスステーションは、息子のRusselさんによって売店や電気製品の修理も行い、1950年代にインターステートが建設された後でも、1991年までガスステーションとして営業を続けました。

mt_olive03

店を閉めてから施設は1997年に売却され、Russelさんが1999年に亡くなった後、保存活動が起こりました。2003年から2004年にかけて、第二次大戦後のカラーでガスステーションの建物が復元されました。2004年にはNational Register of Historic Placesに登録されています。

イリノイ州にはこうしてきれいに保存されているガスステーションがいくつもあります。他の州より人が住んでいることもあって保存状態の良い施設が多いです。この後の記事でも魅力的なガスステーションをいくつか紹介していきます。

mt_olive01

ガスステーションのあるオールドルート66沿いは今ではすっかり閑静な、緑あふれる住宅地となっています。訪れるときはスピードと騒音に注意しましょう。

マウント・オリーブへの行きかた

インターステートI-55で行くにはEXIT44が最寄りの出口となり、Lakeview Drを東に進むとマウント・オリーブに到着しますが、南のスタントン、北のリッチフィールドいずれもからオールドルート66を通ってくることができます。時間がある方はそちらを通ってきてみてください。

Soulsby Service Stationの住所: 102 S Rte 66 Mt Olive, IL 62069
National Park Serviceの紹介ページ: Soulsby Service Station

EZ66 GUIDE掲載ページ: IL page-24,26

広告
カテゴリー: イリノイ州 タグ: , , , , パーマリンク

イリノイ州南部I-55沿いの町 リビングストンからマウント・オリーブ Mt. Olive to Livingstone, IL への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ルート66アトラクションと歴史のある町 リッチフィールド Litchfield, IL | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中