ルート66旅行の地図・ガイドブック

ルート66の旅には、ルート66の地図・ガイドブックを用意しましょう

guide_il

ルート66の旅に便利な地図、ガイドブックを紹介します。ルート66はもう現在の地図にはなく、カーナビを借りてもどの道がルート66かわからず、旅が出来ません(むしろ田舎の区間が多いので、カーナビはなくても結構平気です)。そこでルート66のガイドブックや地図を手元に用意して旅をしましょう。現地のビジターセンターなどにわかりやすいフリーのガイドもありますが、事前に計画を立てることを考えると1つは出発前に購入しておくことをお勧めします。

なお、各記事で観光スポットの住所のリンクをGoogle Mapに張っていますが、どの道がルート66かわからない、拡大しないと道路名が表示されないGoogle Mapでは、ルート66のドライブはできません。詳細な場所の参考にするくらいに利用ください。

EZ66 GUIDE For Travelers – 3RD EDITION

EZ66_GUIDE_3rd
一番のお勧めは、書籍の記事でも紹介した、上の写真の「EZ 66ガイド」です。これ一冊あれば、ルート66の全行程がカバーでき、実用面では他の追随を許さないガイドブックです。詳しくは紹介記事をご覧ください。

ビジターセンターでもらえるフリーのルート66地図・ガイド

mao_04

町のビジターセンターなどで手に入れられるフリーの地図やガイドブックは、広告ばかりのものもある一方、写真のルート66協会が発行しているガイドなど、とても見やすい・詳しい地図もあります。どの道が重要か、ここが観光スポット、店・レストランのある場所だとはっきり書いてあるのが便利です。また多くは、縮尺もその町にあった大きさに最適化されています。ネットでは探せない、街中のレストランやショップも掲載されていますので、購入した地図と合わせて活用しましょう。

ルート66の地図を買う

r66_maps

たった一人のアメリカでもドライブマップとして使用されていた、ルート66全ルートの地図です。左が番組に登場した地図です。実用品というよりは現地でお土産として購入しました。実際、商品にも”Souvenir”と書いてあります。詳細な通りの名前の記載はありませんが、インターステートの出口番号は書いてあります。

道が入り組んでおらずインターステートからさほど離れない、アリゾナ州、ニューメキシコ州をはじめとした荒野の区間なら、この地図だけでも何とかなりそうです。また、アルバカーキやオクラホマなどの大きな都市は拡大図も記載されています。

MAD Maps 「Historic Route 66」

mad_maps

数あるルート66地図の中でも最も詳しい地図と見られるのが、MAD Mapsの発行する「Historic Route 66」地図です。ルートの地図はもちろん、詳細な道路名、道順、曲がって何マイル進むといった解説をテキストで書いてくれています。

mad_maps_01

価格は$16.95と地図としては値が張りますが、紙質も良く、お土産にも好適品です。日本で買うのは難しそうですが、現地で見つけたらぜひご購入ください。

MAD Mapsのfacebook: MAD Maps

ルート66ガイドブック

r66_handbook

ルート66沿いの数多くの観光スポット、アトラクションを回るには、地図だけではどこに行くか決めるための情報が十分ではありません。しかしハードカバーの本では旅行に持っていくには少々重くなります。そこで一冊持っていくなら、ペーパーバックタイプでお勧めのガイドブックが、「Route 66 Adventure Guide Book(ルート66・アドベンチャー・ハンドブック」です。
こちらも詳しくは紹介記事をご覧ください。

travelroute66

2014年に発行された「Travel Route 66」は、カラー写真が数多く使われている、日本でもなじみのスタイルの観光ガイドブックです。上のアドベンチャー・ハンドブックよりさらに軽量で、観光スポットの様子も写真で分かりやすくなっています。詳しくはこちらの紹介記事をご覧ください。

ルート66の地図以外の地図

ルート66以外の観光、都市を回るのには、汎用的な地図を用意しておくと便利です。

ランド・マクナリー(RAND McNALLY)社の地図

SAMSUNG

大都市に滞在、他の観光地スポットを回る場合は、アメリカの地図の大御所「ランド・マクナリー(RAND McNALLY)」シリーズの地図がお勧めです。都市版はストリートの名前が全て載っており、道の複雑なところでも正確に場所にたどり着けます。ただし大きく広げる一枚物の地図のため、同乗者に見てもらえない場合は走行中の使用は厳しいです。

ランド・マクナリー社の地図・ラミネート版

SAMSUNG

紙を大きく広げる必要がある欠点を補ったのが、ランド・マクナリーラミネート版です。折りたたみ式になっていて、「Easy To Fold!」とサブタイトルがついています。発行されているのは都市圏や州単位の地図で、詳細なストリートの記載はないですがルート66周辺、国立公園などのエリアの観光にはこちらで十分かとおもいます。

ランド・マクナリーシリーズは書店はもちろん、スーパーでも売っていますので、よほど綿密な事前計画を立てるのでなければ、日本で購入する必要はないでしょう。

ルート66の地図・ガイドブックの入手方法

現地に行ってからでも購入できますが、事前に旅行の計画を立てることを考えると、ガイドブックの1冊でも事前に用意しておくことを推奨します。残念ながら日本の書店ではルート66の地図・ガイドブックはまず売っていませんので、amazon.co.jpか、amazon.comから購入ください。

ちなみにルート66沿線では現地の書店はまったく期待できませんので、ルート66の地図・ガイドブックを買うならミュージアムかビジターセンター、お土産店に立ち寄りください。

広告
カテゴリー: ルート66本・ガイドブック, 旅の準備 タグ: , , パーマリンク

ルート66旅行の地図・ガイドブック への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ルート66旅の準備 はじめてのルート66旅行計画を立てる Planning Your First Trip to Route 66 | ルート66と旅の記録

  2. ピンバック: はじめてのルート66旅行計画を立てる | ルート66と旅の記録

  3. ピンバック: お土産に最適な「Here It Is!」マップシリーズとバードビュールート66 | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中