ルート66旅行のホテル・モーテルを予約する

ホテルを予約してから行くルート66旅行

hotels_01

ルート66の沿線はインターステートが並行して走っているため、泊るところが長い区間全くない、ということはありません。結構な小さな町でもモーテルがあり、一回り大きな町になればホテルがあり、旅行中の宿には困りません。

そこで旅行中はこの町まで行かねばならないとも気にせず、日が暮れたところで泊る旅が理想であり、多くの方の旅行記でも気の向くまま旅をされている方も多いのですが、やはり海外旅行だし泊まるところはホテルで、部屋も押さえてから旅行に行きたいという場合の準備について紹介します。

ホテルの予約サイト

アメリカの予約サイトが掲載施設の数、施設の情報量が多く比較して選ぶのに便利です。時期や予約状況で期間・室数限定のセール料金もあります。エクスぺディアを利用していますが、他にもBooking.comやHotels.comなど言語だけでなくサポートも日本語対応している予約サイトがあります。

ルート66沿線のホテルについて

hotel_101

インターステートの出口付近にはチェーンのモーテル・ホテルが多数あります。ルート66の歴史的なモーテルもいいですが、日本から旅行する身としては、際立った点もないが、失敗も少ない大手チェーンのモーテル・ホテルがお勧めです。

これまでDrury Inn, Holiday Inn, Best Western, Country Innなどに泊まってきました。エコノミーホテルといわれる部類のモーテルとホテルの中間のような存在ですが、泊まったいずれのホテルもビジネス需要が中心だからか朝食付き、Wifiなど無料で使える設備も整い、室内も多くは近年改装されており、はずれはなかったです。ハワイやロサンゼルス、ニューヨークなどの大都市、観光地と異なり田舎なので、価格の割に建物も新しく部屋が広いのも特典です。

以下はこれらルート66沿いのモーテル・ホテルについてを書いていきます。

モーテル・ホテルの立地

hotels_04

小さな町では選びようもありませんが、オクラホマシティやアルバカーキのような大きな町だと料金は立地に結構左右されます。同じチェーンでも街の中心は料金が高いです。ルート66の旅では翌日の出発を考え、少し郊外のホテルがコストパフォーマンスも良く、便利です。インターステートの出口付近に多く立地、大きめの町ではホテル村を形成しています。

・ガソリンスタンドやファストフードなどの他のロードサイド店も近くにあって買い物や夕食にも便利。
・周りは道路か駐車場、階数は2-3Fで景色は上の写真のようにないも同然です。
・夜は交通量が減るのでインターステートの近くでも概ね静か。ただし周りは暗いのでちょっとの距離の外出でも車で出かけます。
・朝便での帰国の前日は、空港の近くのエリアで予約を。ホテルの数も空港の近くに多くなっています。
・駐車場はよっぽどのことがなければ無料です。

hotels_03

広い室内と設備

どこもだいたい寝室のみ1室で同じようなつくりですが、日本のビジネスホテルのように扉すぐ正面ベッド、横ユニットバスのようなつくりではなく、バスルームも広く、ベッドの周りのスペースもあって日本の感覚からするとだいぶ広いです。ベッドも大きいです。

・新しいホテルは無料のLAN・Wifiをはじめ、コンセントの数も多くて充電にも便利です。
・ベッドはキングサイズ1台のシングルか、クイーンサイズ2台のツインを選びます。
・エキストラベッドはアメリカではRollaway bedと呼びます。1台10-20ドルの追加料金で入れられます。
・シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、またはせっけんはあります。こだわりがなければ持参は不要です。ドライヤーも設置されています。

気をつけるのは、歯磨きセットはどこのホテルにもありませんので日本から持って行きます。室内着もありませんので寝間着も忘れずに。
また最近では日本でも禁煙ルームの設置が増えていますが、アメリカではさらに踏み込んで100%ノンスモーキングを売りにするホテルも増えてきました。喫煙者の方はご注意ください。

ホテルでの食事

観光地や都会のホテルと異なり、ルート66エリアの郊外のホテルでは朝食は基本宿泊費に込みです。

・メニューはパン類、コーヒー・ジュース、シリアルくらいならだいたいどこでもあります。
・ベーコンやソーセージパティ、フルーツもあったり、卵を焼いてくれるところも。
・一方で夕食はレストランすらないところが多数なので、レストランに行くか、買ってくることになります。
・ホテルによってはハッピアワーで軽食はとれる場合もあります。日本からの到着日や移動が長い日など、疲れた時に便利です。
・バーだけはあったり、近所の店からケータリングを頼めたりする場合もあります。

モーテルに泊まる

上で紹介したエコノミーホテルチェーンの宿泊費が1泊100ドルくらいからなのに対して、明確にモーテルの区分になる「Super 8」や「Motel 6」、「Days Inn」などの大手モーテルチェーンは、ホテルがないような小さい町にもあり、60-70ドルの宿泊費から泊まれます。エクスペディアなどのサイトから、予約もできます。
。なお「EZ66 Guide」の著者 Jerry McClanahanさんからは「Super 8」をご推薦いただきました。

ホテルチェーンと同じくビッフェスタイルの軽い朝食が付く、Wi-fiかLAN部屋の環境もだいたいあります。ベッドも広いです。田舎の町だとホテルもモーテルも大して変わりませんので、場所や口コミ、費用対効果で選びましょう。

口コミサイト

hotels_02

国内外問わずホテルを取る際には口コミを参考にされる方は多いとおもいますが、アメリカのホテルということで予約サイトに加え、Tripadvisorを活用しています。
このサイトに限ったことではありませんが、コメントされた方と同じ条件で利用するとは限らないので評価をみるには注意が必要です。

・個別の部屋・設備の不具合、係員に関するコメント
・コメントしている方が泊った人数、構成、ペットの有無
・フィットネスやプール、ルームサービス等、使った設備やサービスへのコメント
・ルート66沿線のホテルへの投稿者はほぼアメリカ人なので、日本人としてはどうか。
・アメリカ人でも治安が悪いと書いていたら、絶対に泊まらない。

個別の口コミを気にしすぎても仕方が無いので、立地や価格など、重視するポイントで選べば良いとおもいます。

Tripadvisor: tripadvisor.jp

ホテルの宿泊費

節約プランなら大手チェーンのモーテルで50-70ドルです。部屋の広さ、アメニティ、朝食のラインナップなどはホテルには劣りますが、LAN、WiFiはモーテルでも多くの施設で無料でついてきます。
ホテルの宿泊料金は場所とどのホテルチェーンかで大きく変わりますが、小さな町なら100-120ドル、大きな町でも150ドルも出せば快適な部屋に泊まれます。(ロサンゼルス、シカゴは除く)
早期割引やキャンセル不可(絶対に不可なので注意)なら安くなるなどの各種割引プランもありますので、予約サイトの情報をよく見て選んでください。

広告
カテゴリー: 旅の準備 タグ: , , , パーマリンク

ルート66旅行のホテル・モーテルを予約する への4件のフィードバック

  1. ピンバック: ルート66旅の準備 はじめてのルート66旅行計画を立てる Planning Your First Trip to Route 66 | ルート66と旅の記録

  2. ピンバック: ルート66の旅行費用 | ルート66と旅の記録

  3. ピンバック: はじめてのルート66旅行計画を立てる | ルート66と旅の記録

  4. ピンバック: ルート66旅行の食事情 | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中