ロングホーン・ランチの廃墟 Longhorn Ranch

荒野の真ん中にある趣のある廃墟

ニューメキシコ州アルバカーキから東におよそ40マイル、ルート66がインターステートI-40に吸収され、荒野をぶっ飛ばす何もない区間の出口EXIT203を出た傍らに、かつての観光スポット、ロングホーン・ランチ(Longhorn Ranch)の跡地があります。

longhorn_01

このLonghorn Ranchは1940年代の後半に、東部から来た元警官の”Captain Eric”  Eriksonさんによって開業されました。当時のキャッチは”Where the West Stops to Rest”と銘打っていました。

近くに何もない荒野のど真ん中のロケーションにカフェやお土産物店のほか、モーテルも併設され、しまいにはネイティブアメリカンのダンスショーや、珍しい動物の展示なども行う複合施設として人気の施設になりました。1948年発行の「A Guide Book to Highway 66」にも紹介されているほか、絵葉書になっていたりもします。

longhorn_02

しかし1960年代にルート66がインターステートI-40に徐々にとって代わられて、ロングホーン・ランチもバイパスされるようになり、1977年に閉店しました。

longhorn_03

その後荒れるに任せる状態となっていますが、今でも看板がしっかり残っていて、ルート66遺跡の撮影ポイントとなっていて多くの本にも掲載されています。おそらくモーテルだったであろう建物も使われているかのように見える健在ぶりですが、誰かいる気配がしたので近寄れませんでした。


longhorn_04
ロングホーン・ランチを出るとこの先サンタ・ローザまでは70マイルの何もない区間が続きます。

ロングホーン・ランチへの行きかた

EXIT203を出てすぐ南にあります。東向きの場合はモリアーティから5分ほどで着きますが、西向きにサンタローザから来ると70マイルありますので、通り過ぎてしまわないように注意してください。

EZ66 GUIDE 掲載ページ: NM Page-8

広告
カテゴリー: ニューメキシコ州 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中