ミズーリ州ルート66の中間地点・レバノン Lebanon, MO

lebanon_01

ミズーリ州東部の中心都市スプリングフィールドからおよそ50マイル、大草原をI-44をぶっ飛ばすとレバノンの町があります。西向きに走る場合はローラから約80マイル、アップダウンの続くエリアを抜けるとたどり着きます。

サンドイッチ店から始まったMunger Moss Motel

SAMSUNG

人口14,000人あまりの地方都市レバノン最大の見所は「Munger Moss Motelの看板」です。

このモーテルはミズーリ州のルート66沿いで最も名高い景勝地「Devil’s Elbow」に1929年に開店したサンドイッチ・ショップから始まり、店は繁盛したそうです。

しかしこのDevil’s Elbowで後にHooker Cutと呼ばれる区間を含む拡幅工事(~1943)が行われているさなかの1945年、この時のサンドイッチショップのオーナーのJessie and Pete Hudson夫妻がレシピとともに店を売却、1946年にここレバノンに土地を買ってモーテルを建設します。ここからモーテルとなった「Munger Moss Motel」の歴史が刻まれます。

Munger Moss Motelを有名にしたネオンサインは1955年に建立されました。近年ネオンが故障して光らない文字があったようですが、再建活動のおかげで2010年11月に復活・再点灯しました。

何度もオーナーの代替わりを繰り返したMuger Moss Motelですが、名前はサンドイッチショップ当時のままに営業してきました。Route 66 Newsによると現在売りに出ているようですが、この名前は変わらず営業することでしょう。
なお、Devil’s Elbowに残ったサンドイッチショップの行く末はデビルズ・エルボーの記事に紹介しています。

公式Web: The Munger Moss Motel
地図: 1336 E Hwy 66, Lebanon, MO

lebanon_04

看板以外に載せる物がなかったので手前にある「Wrinks Market」です
Route 66 Newsによると、2009年に閉店も、2011年に再オープンしたそうです。民芸品の陳列とともに小さなカフェが併設されていました。
Route 66 Newsの記事: A new wrinkle on Wrink’s Market(2011/7/19)

Route 66 Museum (in the Laclede County Library)

lebanon_06

EXIT129を下りてレバノンの街中を走るルート66へ向かう途中、Jefferson Ave沿いに郡の図書館があります。この図書館の中に、小さなルート66ミュージアムがあります。外観も中に入っても完全に地域の図書館ですが、ひるまず中に入っていってください。

SAMSUNG

展示物は撮影しませんが、入り口付近のガスステーションです。展示は図書館らしく書籍や地図の展示が多くありました。

公式Web: Laclede County Library
地図: 915 S Jefferson Ave Lebanon, MO

Gascozark Store

lebanon_07

レバノンから東へ15マイル、Devil’s Elbowとの間のEXIT145付近のルート66(State Hwy AB)沿いにガスコザーク・ストア&カフェがあります。「Ghost Towns of Route 66」にも紹介されているカフェはすっかり廃墟ですが、ストアは見る限りは営業しているようでした。カフェは撮り忘れました。

レバノンへの行きかた

インターステートI-44のEXIT129(西向き)がまたはEXIT129(西向き)で、出口からすぐ街中です。この付近のルート66はほぼI-44と平行しているので、景色が同じ側道よりもI-44で来るのが便利です。

EZ66 GUIDE掲載ページ: MO Page-18

広告
カテゴリー: ミズーリ州 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中