アメリカインディアン居留地へのゲートウェイ ギャラップ Gallup,NM

ニューメキシコ州東部のルート66を少しだけ紹介します。実は他の観光を詰め込んでしまったため駆け足で走り抜けてしまい、ルート66のポイントが回れませんでした。次回はじっくり堪能しようと誓っています。

ギャラップ Gallup,NM

alb_08

ギャラップはアリゾナ~ニューメキシコ州に数多くある、ネイティブアメリカンの居留地エリアの中心に位置しています。かつては宿場町として栄え、いまでも数多くのモーテルのあるルート66の面影を残す都市です。町の中心を東西に走る118号線がHistoric Route 66の名前を冠されて残っており、往年のルート66の街並みが保存されています。

アムトラック・ステーションのそばにビジターセンター「Gallup Cultural Center」があり、駐車場も十分にあります。この町のルート66は現役のメインストリートであり交通量が多いので、街中を散策する場合は注意してください。

エル・ランチョ・ホテル

abq_07

ギャラップの名所といえば、ルート66を東に進んだところにある、「エル・ランチョ・ホテルです。ハリウッッド・スターがルート66を旅していた時代、数多くのスターがこのホテルに泊まったそうです。たった一人のアメリカでもここに宿泊していました。1Fのレストランで食事をすれば、宿泊しなくてもロビーとホテル内の雰囲気を楽しむことが出来ます。

abq_09

ロビーの様子です。吹き抜けになっていて2Fまであがることが出来ます。

公式Web: El Rancho Hotel
地図: 1000 East 66 Gallup, NM

ギャラップ~アルバカーキのルート66

通過するだけとなってしまったアルバカーキまでのルート66です。がけの上の空中都市「アコマ・プエブロ」や「コンチネンタルデバイド」など見て回りたかったのですが、ほとんどI-40を走り抜けてしまいました。

abq_02

ニューメキシコの荒野を突っ切るI-40からの眺めです。アリゾナよりは気持ち草が生えていますが、何もないです。

abq_01

かろうじて走ったルート66はBudvilleからMesitaまで、EXIT104~E117までの15マイルほどの間のみでした。Laguna~Mesita間にある、「Dead Man’s Curve」付近にあるルート66サインです。

abq_03

ネイティブアメリカンの収入源として、カジノは貴重な存在です。ルート66とはまったく関係ありませんが、ニューメキシコに限らず、Twin Arrowエリアなど、まだまだ建設される計画があるようです。

ギャラップへの行きかた

アルパカーキ、フラッグスタッフからいずれもI-40で3~4時間ほどの距離です。1日でこの区間の通過も可能すが、アリゾナ側、ニューメキシコ側とも周辺にはルート66の見所が多数ありますので、各スポットを見て回るには、このギャラップを中間の宿泊拠点にするのがいいとおもいます。

I-40の出口は東向きならEXIT16、西向きならEXIT26が118号線Histric route 66に直結しており便利です。

広告
カテゴリー: ニューメキシコ州 タグ: , , , パーマリンク

アメリカインディアン居留地へのゲートウェイ ギャラップ Gallup,NM への1件のフィードバック

  1. ピンバック: たった一人のアメリカ 訪問地めぐり | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中