オクラホマルート66のくじら ブルー・ホエール Blue Whale

ミズーリ州随一のルート66アトラクション ブルー・ホエール

オクラホマ州第二の都市タルサ(Tulsa)から東に約30分の小さな町カトゥーサ(Catoosa)にある、HERE IT IS、キャデラック・ランチなどと並ぶルート66の著名なアトラクションのひとつ、Blue Whale(ブルー・ホエール)を紹介します。

SAMSUNG

Blue Whale(ブルー・ホエール)は1970-1972年にかけて、この地にあった遊園地のアトラクションの一つとして建造されました。今では泳ぐことはできませんが、池の上に作られてあり、すべり台もあって子供たちの水遊びスポット、旅の途中のオアシス的な存在だったであろうたたずまいを残しています。

遊泳場は1988年にクローズし、その後荒れ果てていましたが、その後保存運動が起こり、2002年には今のきれいな姿になり、再びルート66名所として愛されるようになりました。

SAMSUNG

入り口はどこの日本のひなびた観光スポットかというくらいチープです。

SAMSUNG

かつて子供たちが泳いだ池には大量の魚が繁殖していて、釣り堀と化していました。帰りに釣りに来た親子連れと遭遇しました。

SAMSUNG

お手洗い棟にもクジラがあしらわれています。本体、入り口、お手洗いとすべてデザインがばらばらでまるで違うキャラクターです。

SAMSUNG

Blue Whaleの向かいにある、旧Catoosa Indian Trading Post (現Arrowood Trading Post)です。1940年代に開店した当時はインディアンジュエリーなどを売っていたそうです。Trading Postの名を残していますが、いまでは自動車整備店とのことです。

SAMSUNG

ルート66(現州道66号)を北上すると現れる、橋です。EZ 66 GUIDEでは”Twin Bridge”と称されていました。

ブルー・ホエールへの行きかた

タルサ方面から東向きに行く場合は、11th stがルート66になるので東進し、193rd E Aveにぶつかったら北上します。I-44を超えるとカジノホテルエリアがあるので、北東方面に進むと州道66号ですぐ到着します。

マイアマー方面から西向きに行く場合は、できるだけ近くまでI-44でくるのであればEXIT247が最寄りですが、VinitaでEXIT289からルート66を走るのがお勧めです。この付近のルート66も現役で整備されているので移動時間もかからないです。

Blue Whaleへ向かう際の注意(東向きのみ)

Blue Whaleは東向きに来ると左側にあります。西向きにくると右側で見通しもよく気づかないことは絶対無いですが、東向きに来ると反対側で見づらく、見逃すおそれがあります。道もUターンでしか渡れないので、発見したら最初のUターンレーンで引き返して入りましょう。

公式Web: Blue Whale
ブルーホエールの住所:
2680 Oklahoma 66 Catoosa, OK 74015

広告
カテゴリー: オクラホマ州 タグ: , , パーマリンク

オクラホマルート66のくじら ブルー・ホエール Blue Whale への3件のフィードバック

  1. ピンバック: オクラホマ州第二の都市・タルサとクレアモア Tulsa, Claremore,OK | ルート66と旅の記録

  2. ピンバック: ルート66を旅行するルートを決める | ルート66と旅の記録

  3. ピンバック: ルート66の橋を探索する | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中