アメリカン航空で行くルート66旅行 American Airlines

ルート66を旅するには日本からだと空の旅で長時間を掛けてアメリカへまず行く必要があります。まったく思い入れも何もないのですが、ルート66エリアに乗り継ぎで行くなら成田からロサンゼルス、ダラス・フォートワース、シカゴへ、羽田からロサンゼルスへの便があるアメリカン航空が便利です。

aa_201

機内サービスはないも同然ですが、ミズーリ、オクラホマ、ニューメキシコ、アリゾナといったルート沿いの各州へは日本からの直行便がないので、乗り換え重視で使っています。
座席はもちろんいつもエコノミーなので、以下はエコノミーのみを使った所感です。ビジネス以上はすばらしかったらすみません。

アメリカン航空の良いところ

・ルート66道中の主要都市へ、ハブ空港のダラス・フォートワースからの乗り継ぎ便が多い
成田から毎日2便が飛んでいるアメリカン航空最大のハブ空港、ダラス・フォートワース経由でのルート66道中の主要都市、オクラホマシティ、アルバカーキ、セントルイスへの乗り継ぎは、多くの場合最も早い時間に到着できるルートです。各主要都市へのは乗り継ぎ後の飛行時間が短く、ダラス・フォートワース午前着の便で行けば、目的地にだいたい昼過ぎには着けるので便利です。ダラスへは共同運航しているJALも2016年に毎日就航となるので、毎日3便から選ぶことができます。

・2名での旅行に便利
日本便に使用されているB777のエコノミー座席はすべて2-5-2で統一されているので、2名での旅なら窓側を2席指定可能です。お手洗いにも気兼ねなく席を立ちやすいです。ただし前方の窓側2席は足元が広いわけでもないのに追加料金が取られるようになってしまいました。
新しく就航したB787の座席は、ユナイテッド航空と同じく3-3-3の座席配列になりました。

・CAがアメリカ人が多く、あまりお客さんが用を頼まないので日本便が気持ち静か
アメリカのほかの航空会社に同じくかなり事務的なので、手厚いサービスを期待される方にはお勧めしません。日本語も片言の客室乗務員しか搭乗していないことも多々あります。これが奏功して、日本の航空会社に比べ用事を頼みにくい雰囲気を醸し出しており、機内は静かな気がします。

・マイレージプログラムについては、片道で特典航空券が利用可能です。それと1年半以内に利用があれば全ポイントの有効期限が延長されますが、これはユナイテッド航空も追随しました。

・座席が気持ち広い?
横幅18.5インチと数字上他社比で1インチほど広いそうですがよくわかりません。足元も32インチと同じく+1インチのようですが、787はメインキャビンのあおりでか31インチです。シカゴ便だとANAの新しいB777の方が34インチと広いです。

アメリカン航空の難点

aa_204

・機内食がとてもまずい。食べ物かどうか怪しげな食材が出てくる
これだけで他の利点を帳消しにするくらいまずいです。夕食がチキンかビーフかシーフードだか選べますが、なんでも一緒です。朝食までの間に冷えたハンバーガーが出てきますし、朝食のパンはぱさぱさのデニッシュです。

コーヒーもお湯並みの薄さですので、飲み物は酒か、オレンジまたはアップルジュースがおすすめです。一度有料化されたアルコール類は2012年から無料に戻っています。

・追加料金が多い
米系の会社なので仕方がないですが、アメリカ国内線では窓側や前方の座席の指定(メイン・キャビン・エクストラとプリファード・シート)、国際線と別に購入したチケットでは荷物を預けると追加料金を取られます。特に座席指定については追加料金がない席が少なすぎにおもえます。
・ビデオサービスは中途半端
座席モニターは日米間の全便にあってそれはいいのですが、完全オンデマンドではないので番組の開始まで待つことも多いです。

・日本からは東京からのみ。アメリカ本土以外への便が無い
ワン・ワールドのJALと共同運航していますが、あえてアメリカン航空の便に乗ろうとすると、日本便は成田か羽田からだけの就航となっています。アメリカ本土以外、ハワイやグアム、アジアへの便はありません。アメリカ本土以外に行くときはJAL他で貯めることになります。

メイン・キャビン・エクストラとプリファード・シート

aa_extra01

ユナイテッド航空の記事でエコノミープラスに触れましたが、アメリカン航空でもひざ1つ分シートピッチが長い「メイン・キャビン・エクストラ(Main Cabin Extra)」席が導入されていて、B787を使用するシカゴ便、羽田-ロサンゼルス便に導入されました。普通席に比べ、およそ5インチ(12.7cm)前後の席の間隔が広がります。料金はエコノミープラスと同じくらいです。ただし、B777にはまだ設定がありません。アメリカ国内便では多くの機材で設定がありますが、ほんとうに座席間隔だけでして、乗り継ぎ後の出るのも急いでいない1、2時間のフライトに追加料金を払うかというと、普通席でも良いかと手を出していないところです。

日本便でも設定があるのは、ただのエコノミー席で場所が良いだけの「プリファード・シート(Preferred Seats)」です。料金はメイン・キャビン・エクストラのおよそ半額からあります。場所だけなんだからもっと安くしろと感じるところではあります。上で2-5-2の座席がメリットと書きましたが、2列の席はほぼプリファード・シートになっており、加えて前方だと星の数が増え、さらに加算されます。

共同事業便の座席指定

コードシェアとは違いますが、片道アメリカン、片道JALの場合の座席指定記です。航空券を購入するの記事に掲載しています。

公式Web: アメリカン航空-日本語

広告
カテゴリー: 旅の準備 タグ: , , , パーマリンク

アメリカン航空で行くルート66旅行 American Airlines への4件のフィードバック

  1. ピンバック: ルート66旅の準備 航空券を購入する Airline Tickets | ルート66と旅の記録

  2. ピンバック: ダラス/フォートワース国際空港 Dallas/Fort Worth International Airport | ルート66と旅の記録

  3. ピンバック: ユナイテッド航空で行くルート66旅行 United Airlines | ルート66と旅の記録

  4. ピンバック: マイアミの世界遺産 エバーグレーズ国立公園 Everglades National Park | ルート66と旅の記録

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中