グアム島戦争遺跡めぐり1 ハガニアからアサンビーチ

グアムにて戦争遺跡を訪問してきました。個人でも1日で回れるコースですが、Discover Guam Toursの主催するツアー「World War II Tour」に参加してきました。

島内各地に残る遺跡のほか、以前訪問したテキサス州フリデリックスバーグにある太平洋戦争博物館ほどの規模ではありませんが、太平洋戦争専門の博物館があります。グアムにおける戦争の記録や見解は専門の方の著書やメディアにお任せしまして、ここでは各地の遺跡の紹介をします。

Plaza de Espana(スペイン広場)

グアムの数少ない歴史的な観光地として紹介される、スペイン統治時代の総督府のあった跡地です。何もないと書かれていることが多いですが、何もなくなったのは太平洋戦争の被害によるものです。旧日本軍は1941年12月のグアム島占領後にここに本部をおいていたため、1944年7月の奪還戦の時に早々にアメリカ軍の爆撃に遭い、ここに建っていた建物はあらかた破壊されてしまいました。

わずかながらに残った建物がこのチョコレートハウスと呼ばれる客人をもてなしたと言われる茶室と、いくつかの小さな屋外にある建物、そして敷地の周囲の壁とゲートです。

こちらは東屋的な建物のように見えます。きれいな赤色の屋根が残っていて、恐らくこの広場で最も保存状態の良い建造物です。総督府では海からの砲撃に備えて数十センチにもなるぶ厚い壁を築いていましたが、20世紀の空からの爆撃には耐えられず崩れ落ち、戦後も再建されずに何もない、平和を伝える広場となっています。

Japanese Caves San Ramon

スペイン広場の裏にある小道、San Ramon通り沿いにある旧日本軍の貯蔵庫として掘られた洞窟跡です。旧日本軍の占領期間中、島民であるチャモロ人が徴用され、壕を掘ったり、砲台を建設したりといった強制労働を強いられた記録が戦争遺跡の各地で紹介されています。詳しくは太平洋戦争記念館・ビジターセンターで学ぶことができます。

上陸地点から離れていたこともあってか、この洞窟は1944年の実際の戦闘では使用されなかったそうです。スペイン広場のすぐ裏手ですが、このあたり道がぼこぼこなので注意して走行ください。

Pacific War Museum(太平洋戦争博物館)

グアム出身の元海兵隊員、John Gerber氏が建てた小さな私設ミュージアムが、Pacific War Museumです。建物はそんなに広くはありませんが、Gerber氏ご本人が島内各地から収集してきたり、旧日本軍の方本人や家族から送られた興味深い展示品が多数あり、観光エリアからも近いためぜひ訪れて欲しいミュージアムです。

建物に入ると、多数の米軍車両が並んでいます。するかどうかは別として、ジープ、装甲車、LVTといった大型車両は運転席に乗って記念撮影をすることもできます。これらの車両はみなきれいな状態で保存されていますが、Gerber氏が島内に放置されている車両を持ってきて、メンテナンスを行い、走れるようにまでしたということです。旧日本軍の小さな車両も片隅に置かれていて、アメリカ軍の車両との大きさの違いを実感できます。

屋外には旧日本軍の120mm高角砲が展示されています。特攻機と説明書きのある航空機後部の残骸も置かれています。

後期に収集した車両は動かすまでのメンテナンスはできなかったそうで、錆び・汚れが残った状態で放置されています。

車両展示を見終えたら、入り口左右にある日米二手に分かれた通路のような展示コーナーに進みます。ここには、日本側には旧日本軍の銃や捕虜となった兵士の方の描いた絵、戦後長く潜伏していた方の記事などがあります。もう一方のアメリカ側では、奪還戦における兵士の奮戦の記録や褒章、戦後の復興の様子が展示されています。片方だけ見て終わらないように注意してください。

Marin Corps Drive

グアムのメインストリートであるハイウェイ1号線は、グアム島の空軍・海軍の基地をつなぐ道路でもあります。戦中戦後に作られたこの道路はMarine Driveと名付けられていましたが、Marine=海を連想され、海兵隊の功績が薄らいでしまうと海兵隊そのものの名である「Marine Corps Drive」への改名運動に尽力したのが、この博物館を建てた、John Gerber氏です。

パネルを掲げたリアカーを引きハイウェイを練り歩いたそうです。その活動の甲斐あって、グアム戦後60周年の2004年に、晴れて「Marine Corps Drive」へと改名されました。

Pacific War Museumへの行き方

Hagatnaからすぐ、Marine Corps Driveからハイウェイ6号線に入ったところにあります。

Facebook: Pacific War Museum

Asan Beach/War in the Pacific National Historical Park(アサン・ビーチ/太平洋戦争国立歴史公園)

いまではだだっぴろい公園として整備されているアサン・ビーチは、1944年7月21日にアメリカ海兵隊が上陸した一大激戦地です。グアム島にしては広く平地のこの海岸は、グアム解放後も戦争終結まで、前線への物資の中継拠点として使われたそうです。公園の駐車スペース近くには、アメリカ海軍のMK14魚雷がただ一つ、ぽつんと置かれています。

海岸から陸を仰ぐと、当時旧日本軍の陣地が多数設置された丘が連なっています。この後訪問したPiti Gunsもこうした陣地の跡の一つです。

場所はハイウェイ1号線沿いでHagatnaから5kmほどのところにあります。飛ばして見落とさないように注意してください。

カテゴリー: ルート66以外の旅 | タグ: , , | コメントをどうぞ

グアム島戦争遺跡めぐり2 ピティからアガット

グアム戦争遺跡めぐり1のつづきは、島の中部からMarine Corps Drive(ハイウェイ1号線)を南下して、第二の上陸地点であるアガットまで行きます。

ピティ・ガンズ(Piti Guns)

アサンビーチを見下ろす丘に設置された、旧日本軍の砲が3台保存されています。車を降りてジャングルをハイキングして見学します。片道徒歩5-10分の山道ですが、ジャングルの中には大量の虫がいますので、虫除けが必須です。

狭い山道の入り口から坂を上った地点にある、1台目の砲台です。ピティ・ガンズにある砲は50口径三年式14cm砲というものだそうで、元々は戦艦用の砲らしいのを陸上でも使用していたようです。保存用の塗装できれいに塗りなおされています。

平坦な山道をすすむとすぐ現れる2台目の砲は、アメリカ軍の砲撃で台座が破壊されています。

3台目の砲は、周囲を固められています。当時は眼下に海岸が見えたのでしょうが、いまは木々が生い茂って視界をさえぎっています。

これら3台の砲とも、島民が駆り出されて人力で運搬して設置されたとガイドの方の説明でうかがいました。そしてここにある3台は、上陸地点近くに設置されているにもかかわらず、いずれも実戦では使われなかったそうですが、上陸戦の当時の状況を伝える貴重な記録です。

ピティ・ガンズへの行きかた

Marine Corps Drive(ハイウェイ1号線)から近いのですが、現地まで誘導する看板などは立っておらず、わかりづらいです。Assumption Churchと書かれている教会を目指して、住宅街の道路を進みます。こちら360GUAMのページのガイドが写真付きで分かりやすいですが、Marine Corps Drive沿いの公園付近スタートとなっているので、車で現地まで行ったツアーでは、Assumption Steetを進んで教会近くの空き地に停めていました。

Guam Veterans Cemetery(グアム退役軍人墓地)

場所柄写真はありませんが、Pitiにあるグアムの軍人墓地には、1944年の奪還戦当時、仮の墓地が設置され、多数の米軍兵士が本土に移送されるまでの間、一時的に埋葬されたということです。多数の墓標があった当時の写真を、博物館で見ることもできます。
場所はPitiのMarine Corps Driveとハイウェイ6号線との交差点付近です。

T. Stell Newman Visitors Center (太平洋戦争記念館・ビジターセンター)

Piti Gunsから5kmあまり南下した海軍基地エリアの入り口にある、太平洋戦争記念館です。2008年に開業した新しい施設です。館内ではアメリカ軍の解放作戦の映像や各種の記録だけでなく、戦前から旧日本軍の占領下、戦後のグアムに関する展示があります。

館内の解説は日本語と英語の併記が多くの展示でされており、10分程度のフィルム映像も、日本語版があります。グアム戦を学ぶには最も適した施設といえます。

一通り展示を見た後にはブックストアもあります。写真のガイドブックをはじめとするグアム戦に関連する商品も一部ありますが、各種太平洋戦争の書籍、アメリカ軍関連のグッズが多数販売されています。

記念館の建物の前には、旧日本軍の二人乗り潜水艇が展示されています。

T. Stell Newman Visitors Centerへの行きかた

Marine Corps Drive(ハイウェイ1号線)沿いの、海軍基地エリアの手前の、わかりやすい場所にあります。下記のページにほかの戦争遺跡全体も表示したわかりやすい地図があるので参照してください。

公式Web: War in the Pacific National Historical Park Guam(Pacific Historic Parksのページ)

営業時間: 毎日午前9時から午後4時30分までです。

Ga’an Point(ガアン・ポイント)

グアム島の西岸を2手に分かれた海兵隊の上陸舞台のうち、アサン・ビーチともう一方の上陸地点が、アガット付近の海岸です。ガアン・ポイントと呼ばれるこのあたりは公園として整備されています。

だたっぴろいアサンビーチと異なり海岸付近に小さな丘もあるこの場所の水際には、旧日本軍が掘ったと見られる壕や建造物の跡がいくつか残っています。中に入ることもできそうですが、特に補強されているわけでもないので、控えたほうがよさそうです。

当時ここに設置されていたわけではないとおもいますが、ガアン・ポイントが上陸地点で戦場だったことを示す海岸のシンボルとして、機銃と砲が置かれています。こちらは九六式25mm高角機銃という、艦船用・陸上用の対空機銃だそうです。その銃身は、いまでは平和なグアムの青空に向けられています。

海に向かって右手に見えるのは、オロテ半島とよばれた、いまでは全域に海軍基7地のおかれている小さな半島です。飛行場のあったこの半島を占領するのに、4日間にも及ぶ激戦が繰り広げられたそうです。

波打ち際の左を見ますと、コンクリートの残骸が列を成しているのが見えます。戦争当時のものかと聞いたところ、戦後に使われていた、補給施設の跡だそうです。

小高い丘を登ると、陸側には旧日本軍が陣地を築いた山々が見えます。この山の先には、兵士が戦闘終結後も多数潜伏していた島南部のジャングルが広がっています。島民が収容されていたキャンプの跡などの遺跡もあります。

お昼も過ぎて暑い中、ここが1944年に激戦が行われた戦場だったことを示すいくつかの残がいと、南の島のビーチ感全開のビーチの景色を後に、戦争遺跡ツアーを終えました。

ガアン・ポイントへの行きかた

T. Stell Newman Visitors Centerの先をすぐ左折し、島の南部に向かう、ハイウェイ2号線沿いです。Google MapではなぜかRestroomがポイントになっていますが、駐車スペースはこのRestroomの手前にあります。

第二次世界大戦戦争遺跡ツアーの紹介

Discoverguam.comのツアーは所要時間はおよそ4時間、半日でめぐる日程です。申込み時に指定したホテルへ送迎してくれます。午後便で日本へ帰国される前に、何かオプショナルツアーでもと参加される方も多いと伺いました。サイトは英語ですが、日本語で対応できるガイドの方もいらっしゃいます。

島の中部のみのコースであるため、一日かけて島の南部や北部の戦争遺跡にも行くのであればレンタカーで回った方がすべて回れますが、主要なスポットを短い時間で回りたいならツアーのほうが楽です。

ツアー代金: 80USドル。1名参加は+50USドルで、計130USドル(2017年6月現在)
申込方法: Discoverguam.comのサイトからフォームで申込
確認事項への質問はメールで来ますが、英語で簡単なやり取りができれば問題なさそうです。

公式Web: Discoverguam.com

カテゴリー: ルート66以外の旅 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

ルート66の橋を探索する

ルート66の橋めぐりを楽しむ

r66-crossings101

ルート66に架かる数々の橋にスポットを当てた写真集「Route 66 Crossings」が刊行されたのを機に、写真集でも掲載されているこれまで訪問した各地の一見の価値のある橋を紹介します。

ルート66の橋と言えばセントルイスのChain of Rocks BridgeやパサディナのColorado Street Bridge、コロラド川にかかるRed Rock Bridgeあたりが有名ですが、オールドルート66の歩いても渡れるくらいの小さな橋めぐりをするのも楽しみがあります。

Lake Overholster Bridge

image

ルート66の趣のある橋といえばオクラホマ州からミズーリ州にかけてのコースです。Lake Overholster Bridgeは、オクラホマシティ郊外にあるダム湖Lake Overholsterの上流に架かる橋です。1925年に開通し、一時期車両通行止めとなっていましたが、現在ではまた通ることができます。橋を走る車はほとんどなく、車を停めて歩いて渡ることもできます。オクラホマシティの都市部からも近くて、訪問しやすいルート66の歴史ある橋の一つです。

Pony Bridge

image

オクラホマシティから東向きにエルレノを過ぎ、オクラホマルート66ミュージアムのあるクリントンへ向かうルート66を走っていくと現れる、1933年に建設されたCanadian Riverに架かる橋です。このあたりはスピードの出る、小さな橋は気付かずに通過してしまう区間ですが、Pony Bridgeはおよそ1.2kmもある長大な橋で見逃すことはないでしょう。Ponyの名は連続する小さなトラスに由来しています。映画「怒りの葡萄」がこの付近で撮影されたことでも有名な橋です。

インターステートI-40に並行して走るルート66の、Bridgeport近くに架かる橋です。

Rock Creek Bridge

image

オクラホマ州東部のサパルパにあるオールドルート66、Ozark Trailの東端に架かる小さなパーカートラス橋です。1924年に開通したこの橋も、老朽化対策により2013-2015年に保存工事が行われて再開しました。

Devil’s Elbow Bridge

image

ミズーリ州中部ルート66沿いの景勝地Devil’s Elibowにある
1923年に建設されたパーカートラス橋とガーダー橋からなる複合の橋です。ルート66の最も有名な古い橋の一つです。この橋も2014年に補強工事が完了しました。近くには1942年に開通したアーチ橋もあります。

Pryor Creek Bridge

image

オクラホマ州チェルシーにある1926年に建設されたプラットトラス橋です。この橋も1932年にはバイパスされた小さな橋です。深緑の中にある綺麗な橋でした。

Rainbow Bridge (Bush Creek Bridge)

image

カンザス州14マイルのルート66にかかるコンクリート製アーチ橋です。かつてはカンザスのルート66だけで3つのアーチがあったそうですがいまはこの橋だけです。1923年の建築で一時期荒れ果てていたのを、保存運動により名所にふさわしい状態に復元されました。

Baxter Springsの北、オールドルート66に架かっています。

Route 66 Park Bridge

image

ミズーリ州のかつてTimes Beachと呼ばれる町があったRoute 66 Parkへと続いていたMeramic Riverにかかる橋です。安全性の問題により2009年より閉鎖されています。歩行用の橋として整備される計画もあるようですが、2016年現在まだ工事は始まっていないようです。

Twin Bridges

image

Blue Wholeのいるオクラホマ州カトゥーサにある片側2車線のルート66両方向、二本のトラス橋が架ていたTwin Bridgesです。1936年開通の一本目の橋と1957年に増設された橋がありましたが、2011年に古い方の橋がリプレースされ、いまでは歴史ある橋としては東方向の1957年の橋が残るのみです。

ルート66の橋の写真集「Route 66 Crossings」

image

今も残るオールドルート66に架かる橋、廃道となったルート66の跡地に残る橋またはその残がい、開通当初の本の短期間に使われた橋、地下道などの写真が満載で、橋好きには必見の本となっています。

  • 改修、補強を重ねて現役の橋
  • 役目を終えて棄てられた橋
  • もう跡形もない橋の在りし日の写真
  • 車道以外の用途に転用された橋

200以上の橋を、現在の姿と往年の写真を合わせて堪能することができます。

橋の形式を学んで楽しむ

image

オールドルート66には作られた年代、橋の長さ、架かるロケーションにより多くの形式の橋が架かっています。

トラスト橋 ・アーチ橋 ・コンクリートの橋 それぞれの橋の形式もさらに工法が分かれていて、図解で説明されています。ルート66はかつて1本の国道であったわけですが、橋が作られた年代も長きにわたり、日本の国道の橋よりもバリエーションが多く感じられます。

掲載されている橋を訪問する

いくつかの著名な橋の地図も記載されています。ただし橋の周辺のみの地図になっていますので、橋を訪問しようとする場合は別のガイドブック、地図と併用したほうが便利です。

巻末にすべての橋のGPS座標が記載されており、ピンポイントでGoogle Mapで場所を特定することも可能で、橋ということもあって目標も大きく、航空写真で見て楽しむこともできます。 カーナビに入力して訪問することもできますが、特に廃道に掛かる橋は道路の状態に十分注意が必要です。

Route 66 Crossingsは日本のamazonで購入可能です。 Route 66 Crossings(Amazon.co.jp)

カテゴリー: オクラホマ州, カンザス州, ミズーリ州 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

最強のルート66ガイドブック「EZ66 GUIDE For Travelers」

ルート66の最強ガイドブック、「EZ66 Guide For Travelers」です。オクラホマ州チャンドラー在住でギャラリーも持つJerry Mcmanahanさんが書かれているこのガイドブックは、2015年に第4版(4TH EDITION)が発行されました。2年ぶりの改版です。これまで版毎に掲載していましたが、まとめました。

ez66_guide_4

EZ66 GUIDEの特徴

以下がルート66の旅にこのEZ66 Guideをおすすめする理由です。

・現在の通り名称、インターステートの出口からの誘導を示した詳細なマップ
・ドライブ中に使いやすいリング式
・数々のルート66スポット、ミュージアム、お店、サイドトリップの紹介
・使われていた年代、古い橋の建築年などとともに、オールドルート66ルートを掲載
・各ページ単位で利用通り名、右左折を指示するナビゲーションを掲載

・道の舗装や大型車での通行、治安上の注意など、道路状況に合わせた推奨ルート
セントルイスの市街地ルートや、ニューメキシコの荒野などのルートの注意も
・地図だけでなく文章でも、どこを曲がる、何マイル進むといった詳細なガイド

第4版では新たにルート66沿いの地名や施設名、観光スポットのインデックスが巻末について、所在地を知らなくてもアトラクションが探しやすくなりました。もちろん、ルート66各地の道路、観光スポット、街の情報も最新の情報に更新されています。前回2013年発行の第3版と比べると各地の情報は小幅な更新に見えますが、第2版(2008年発行)と比べてみると、7年でも時の流れを感じさせてくれます。

EZ66ガイド ページの紹介(写真付き)

作者のJerry McClanahanさんの許可をいただき、ページの構成を写真付きで紹介します。ガイドの構成は、各州を5ページ前後に分割したセクションマップと、観光スポットの紹介記事とともに記載されている詳細マップからなります。

・セクションマップの写真(3rd EDITION)

EZ66 Guide_101

・詳細マップの写真(3rd EDITION)

EZ66 Guide_102

最新情報の確認

本書の著者、Jerry McClanahanさんのWeb「McJerry66」では、EZ 66 GUIDEに掲載されているスポットの最新情報を確認することができます。記事ごとに更新ページを示してあるので、何が変わったかわかりやすくなっています。店の閉店や道が通れなくなったなど重要な情報も多くあり、旅行前にチェックすると便利です。「EZ66 Updates」からご確認ください。

EZ66 GUIDEの入手方法

現時点でAmazon.co.jpの取り扱いが無いため、日本で入手するにはAmazon.comでの購入が便利です。在庫がないことが度々あるので、もし在庫切れの場合は注文を入れておくか、発行元のNational Historic Route 66 Federation、または最近では日本の方が輸入されて販売していることもあり、この1冊のみ購入するならAmazon.comより安いかもしれません。今から購入するなら最新号を入手して旅に出発しましょう。
Amazon.com: Route 66: EZ66 GUIDE For Travelers – 4TH EDITION

カテゴリー: ルート66本・ガイドブック, 旅の準備 | タグ: , , | 1件のコメント

ルート66のテレビ番組

ルート66に関連した本を度々紹介してきましたが、新しい番組も放送を開始した、いくつかのルート66を紹介するテレビ番組を取りあげます。

ルート66の旅 グレートアメリカンレース(旅チャンネル)

r66_automuseum101

ケーブルテレビ、CS放送で視聴可能な旅専門チャンネルの「旅チャンネル」で2015年9月から放送されている番組です。セントルイスからサンタモニカまでの、イリノイ州を除くルート66の区間を舞台としたクラシックカーのレースの模様とあわせてルート66各地の名所を紹介する番組です。

cuervo_101

グレートアメリカンレースとのタイトルどおりレースの模様がメインと思いきや、クエルボのゴーストタウン(ニューメキシコ州)など、他の番組ではなかなか紹介されないような観光スポットを紹介しました。もちろんサンタフェやビッグテキサンなどルート66沿いのメジャーな観光地の映像も充実している、最も新しいルート66の番組です。

番組公式Web: ルート66の旅 グレートアメリカンレース

ルート66 ファースト・シーズン(DVD-BOX)

r66_tv_season1

ときは大きくさかのぼって1960年代に放送された、CBS制作のテレビシリーズ「Route 66」です。2012年にその第一シーズンを収録したDVD-BOXが日本で発売されました。
リアルタイムでは視聴していませんが、日本でもNHKで最初に放送されて人気を博したテレビドラマシリーズだったそうです。DVDも何度か発売されたようですが、このDVD-BOXは、第1シーズンを通しての収録でかつ割安な価格で購入することができます。

「Route 66」と銘打っている割には、どうみてもルート66とは関係ない地方の話が多数収録されており、海に漁に行ったり、雪山に行ったりしながら、主人公はコルベットで全米を旅していきます。各エピソードは一話完結型で、各地での一騒ぎや問題を解決したりできなかったりする、諸国漫遊のような構成になっています。
主人公の一人、Toddを演じたMartin Milnerさんは、2015年に他界され、同年エミー賞授賞式のIn Memoriamでも紹介されました。

DVD-BOX: ルート66 ファースト・シーズン
DVDの画面表示は4:3、吹替え版はなく字幕版のみとなっています。

たった一人のアメリカ(日本テレビ系)

seligman_101

地上波で放送された、数少ないルート66番組です。番組の主題は旅行以外のところにあったのでルート66の魅力を伝える番組としては当初期待していませんでしたが、近年のルート66、特にアリゾナ州セリグマンや、サンタモニカの終点看板を観光地として有名にしたといっても過言ではない、貴重な番組となりました。

番組公式Web: ルート66~たった一人のアメリカ~
DVD-BOX: ディレクターズカットエディション(Brue-ray。DVD版も有)
番組中に登場する観光スポットをいくつか紹介しています: たった一人のアメリカロケ地めぐり

世界ふれあい街歩き アメリカ合衆国 R66をゆく(NHK)

tulsa_101

NHKで放送されている紀行番組「世界ふれあい街歩き」では計4回、ルート66の街を取り上げて放送しました。現在、2話ずつを収録したDVDが発売されています。
サンタフェ、サンタモニカは全米に名高い観光地でルート66に関わらず他の旅行番組にも登場しますが、ミズーリ州カーセージ、オクラホマ州タルサにスポットを当てた日本の旅行番組は他にないとおもわれます。
番組は歩くことがメインのため、ヨーロッパの都市か、アメリカでも都会の街歩きが多いですが、またいつかアメリカの中西部やルート66の街が放送されることを期待しています。

DVD: アメリカ合衆国 R66をゆく カーセージ/タルサ
DVD: アメリカ合衆国 R66をゆく サンタフェ/LAサンタモニカ

ROUTE66~栄光と哀しみのマザーロード(旅チャンネル)

devilselbow_bridge101

シカゴからサンタモニカまでのルート66全ルートを、各エピソードおよそ1時間、全13エピソードもかけて網羅する、名作番組です。制作年度は、番組中に登場する店舗、人物、会話の内容から2000年より前とみられます。もう閉店した店舗や、他界された方も多くなっていてますが、映像に残る沿道の風景は大して変わっていません。

deadend_sign01

オールドルート66のドライブや、車中から撮影した映像の時間も長く、実際にルート66を運転する気持ちになってみることができる貴重な番組となっています。旅の訪問地を選ぶ際にも、大いに参考になりました。
残念なことに旅チャンネルでの再放送も長らくなく、DVD-BOXも再入荷予定なしとなってしまっていますが、もし再び日の目を浴びることがあれば必見の番組です。
DVD-BOX: ROUTE66~栄光と哀しみのマザーロード

カテゴリー: ルート66本・ガイドブック | タグ: , | 1件のコメント